呪術廻戦 250話ネタバレ考察: 2は1に勝てるでしょうか?

5/5 - (3 votes)

呪術廻戦 250話ネタバレ考察: 2は1に勝てるでしょうか? この記事では、呪術廻戦 250話で起こりそうな内容の一部を中心に分析していきます。記事を読んでみましょう!

呪術廻戦 250話ネタバレ考察: 2は1に勝てるでしょうか?

呪術廻戦249話のまとめ

呪術廻戦 249話に関連する内容のレビューと全体的な分析を書きました。その記事はここで読むことができます。🔜 呪術廻戦249話をレビュー: 後悔と決意

戦闘の主な登場人物一覧

呪術師・高専側の主要キャラ一覧

キャラ名目的・状況
第3回虎杖悠仁アイコン虎杖悠仁・拳を放った際に宿儺に違和感を抱かれる
・手の中で「処刑人の剣」は崩れてしまう
一月の間に反転術式を習得したと判明
・乙骨の領域の中に存在している
魂を捉える打撃を身につけた様子
呪術廻戦乙骨憂太アイコン乙骨憂太・三ヶ月で特級術師に返り咲く
「模倣(コピー)」の術式を持つ?
・刀で羂索の首を斬り落とす
・新宿に帰還して宿儺と対峙する
領域展開「真贋相愛」を披露する
呪術廻戦リカアイコンリカ・祈本里香の成仏後に乙骨に遺された存在
乙骨の外付けの術式・呪力の備蓄
・指輪を通して乙骨と接続可能
・接続持続可能時間は5分間
完全顕現時の硬さは乙骨並かそれ以上
続きを読む:  呪術廻戦249話ネタバレ考察: 乙骨が里香召喚で五条や日車の術式をコピーする⁉︎

呪詛師側の主要キャラ一覧

キャラ名目的・状況
呪術廻戦両面宿儺アイコン宿儺・指を飲ませて伏黒の体に受肉する
・自身の苛立ちの理由に気付く
超重複同化の発動権を手にする
・乙骨・リカを相手に戦い始める
乙骨の領域に「彌虚葛籠」で対応する
第3回天元アイコン天元・日本国内結界の要
・不死の術式を持つ
呪霊操術で羂索に取り込まれてしまう
・乙骨の目の前で飛び去っていくことに
宿儺によって飲み込まれた?

呪術廻戦 250話ネタバレ考察

虎杖・乙骨が宿儺を相手に共闘する?

249話の最後では、乙骨の領域展開「真贋相愛」の中に虎杖の姿も描かれており、虎杖・乙骨の二人が共闘する様子を見せています。
また、週刊少年ジャンプ10号の次回予告には、「宿儺VS虎杖・乙骨、領域内の激闘の行方とは!?」と記されているのが特徴です。
250話では、虎杖・乙骨が領域内で宿儺を相手に戦い、宿儺・伏黒の肉体を引き剥がすことを試みる展開になるでしょう。

新宿決戦の状況は、乙骨が領域展開「真贋相愛」を発動したことで、領域内で上記のようなマッチアップに変化しています。
乙骨は領域を展開する前に、指輪を嵌めて「リカ」と接続していると思われ、「リカ」は完全顕現している状態と捉えられるでしょう。
一方で、乙骨が領域を展開している上、リカとの接続持続可能時間が存在することから、5分以内に決着がつく可能性が高いです。

続きを読む:  呪術廻戦248話ネタバレ: 形勢逆転の一撃!

領域展開「真贋相愛しんがんそうあい」の真価が判明?

伏黒の記憶を読んだ宿儺の発言から、乙骨の術式が「模倣コピー」であることは確定と思われます。
そのため、乙骨の領域展開「真贋相愛」では、コピーした天使の術式が必中効果として付与され、領域内では無制限の術式模倣コピーが発動可能な様子。
領域内の刀を振るうことで、コピーした術式が発動できると考えられ、今後の展開では領域の真価が発揮されることが期待できます。

無制限の術式模倣コピーを発動可能と思われる乙骨は、上記のような術式を使用すると考えられます。
岩手県・御所湖結界に現れた際、羂索を相手に不義遊戯ブギウギ」のような術式を発動していた乙骨。
この最終決戦の前に、東堂の術式の模倣コピーを済ませており、宿儺との戦いでも位置変えを活用するのではないでしょうか?

「リカ」の活躍も描かれることに?

宿儺を相手に肉弾戦を繰り広げる
宿儺の術式「御廚子」をコピーする

虎杖・乙骨が宿儺と戦う際には、完全顕現をしている様子の「リカ」の活躍にも期待ができます。
その場合、石流と戦っていた時のように肉弾戦を繰り広げるほか、宿儺の術式をコピーする展開も考えられそうです。
宿儺は乙骨が模倣コピーした術式だけでなく、自身の斬撃の術式にも苦しめられるのかもしれません。

続きを読む:  呪術廻戦247話ネタバレ: 新宿の決戦

虎杖の魂を捉える打撃について

244話で拳を放った虎杖は、「グラァ」という効果音と共に宿儺に違和感を抱かせていました。
この攻撃は魂を捉える打撃であり、宿儺・伏黒の肉体を引き剥がすことが可能なようです。
脹相から九十九が残した「魂の研究記録」を受け取っていた虎杖は、一ヶ月の間に魂を捉える打撃を身につけたと考えられます。

虎杖が持つ他の技・能力とは?

腕に装備している呪具?による効果
肉体の魂を入れ替える技

魂を捉える打撃が可能となった虎杖ですが、他にも上記の技・能力を持っていると考えられます。
特に最終決戦からは、両腕に呪具のようなものを装備しているのが特徴であり、この呪具に何らかの効果が存在するという可能性があるでしょう。
また222話では、日下部と魂が入れ替わっているような描写が存在したため、この技術が宿儺との戦いで鍵になることが期待できます。

虎杖は「赤血操術」が使用可能に?

244話にて、戦いから降りると口にした加茂憲紀に対し、「俺は先輩に色々と教えてもらえて助かってるよ」と言葉を掛けた虎杖。
また虎杖は、「脹相は教えるの下手だから」と言及していますが、憲紀・脹相は二人とも「赤血操術」の術式を持つのが特徴です。
呪胎九相図の残りを取り込み、「赤血操術」を使用可能となった虎杖は、加茂・脹相から術式の使い方を教えてもらったのかもしれません。

上記は呪術廻戦 250 についての私の分析の一部です。次のリンクで呪術廻戦 250 を読んで議論することができます。🔜 呪術廻戦 250話 Raw – オンラインで無料で読む

Responses (3)

  1. >魂を捉える打撃を身につけた
    虎杖は魂の形状を知覚してるってかなり序盤から言われてたやん

  2. 早バレサイトを運営してた奴が逮捕されたぞ
    ここも通報しといたから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です