ネロナ家の人間はイム様以外にもいる!?|ワンピース1087話ネタバレ

この post を評価します

イム様には直系の子孫はいない?

イム様はネロナ家という姓を持つ一族出身である事が判明したわけですが、イム様以外にネロナ家の天竜人はいるのでしょうか?

ネロナ家の人間はイム様以外にもいる!?|ワンピース1087話ネタバレ

イワンコフはおそらく『GENESIS(創世記)』だと思われる書物に最初の20人の一人にネロナ・イム聖という名前があると言及しているわけですが、同じ立場ながら天竜人になっていないネフェルタリ家以外は全て天竜人になっているようですから、ネロナ家もそうであるはず…

また、おそらく最初の20人はかつて支配していた国に新たな王を立て、一族総出でマリージョアに移住して天竜人になっていると思いますが、一族の当主はやはり元々国王だった人物の直系であろうかと思われます。
もしかしなら直系が途絶えて分家の人間が当主になっているような家もあるかも知れないですが、基本的には直系の人物が当主であろうかと思います。

そうだとしたらネロナ家もそうなんじゃないかと思うのですが、イム様は結婚も子孫を残すような事もしていないように感じられます…

というか、その必要が無いように思うんですよね…

イム様は不老の存在であろうかと思いますが、不死ではないとしても限りなく不老不死と呼ぶに近い環境にあるはずで、後継なんか必要としないはずなんですよね…
また、存在をひた隠しにしているという事情からしても家族を持つ事はそのマイナス要素にしかならないように思えます。

イム様の性別と見た目の肉体年齢はまだ判然としないわけですが、おそらくはかなり若い時分に不老になっているんじゃないかとも思えますから、余計にイム様の直系の子供なんかはいないように思えるんですよね…

ですから、おそらくイム様直系の子孫は存在せず、ネロナ家が天竜人として今も血を繋いでいるなら、それはイム様の兄弟また親戚にあたる人物の子孫達という事になるんじゃないかと思います…

しかし、ネロナ家がは現存し今もマリージョアで生活しているなら、天竜人社会でどんな地位にあるのでしょうか?

続きを読む:  【確定】ワンピース1102話ネタバレ:くまの命

ネロナ家の地位は?イム様の存在は?

イム様という存在を全ての天竜人が知っているのかというのが気になっているのですが、それはまだ判然としないですね…

ネロナ家の人間はイム様以外にもいる!?|ワンピース1087話ネタバレ

イム様の存在が天竜人達にとって常識であるなら当然、その一族であるネロナ家は天竜人社会の中でも一番高貴であり有力だろうかと思いますが、ネロナ家は五老星に入っておらず神の騎士団もフィガーランド家のガーリング聖が総司令官になっているわけですから、政治と軍事両方に関わっていない可能性が高いですよね…

もしかしたら、天竜人の中での王族として別格のような存在だったりするのかも知れない…
日本の皇族のような立場だったりするのかも知れないなと思うのですが…

もし、イム様の存在が五老星などの一部の天竜人にしか知られていないとしたら…

現在のネロナ家自体がイム様の存在を知らないという可能性もあるのではないかと思います。

個人的に、イム様は今の地位についた時点で現世との人間的な関わりを断ち切っている可能性が高いんじゃないかと思っています。

つまり、死んだ事になっているんじゃないかと思うんですよね…

イム様のような立場になるのではあれば、死んだ事になっているのが一番都合がいいだろうと思いますし…

続きを読む:  ワンピース1085ネタバレ: イム様にとってリリィ女王の存在

想像なんですが、GENESISにはネロナ・イム聖は何かを成し遂げた後に死んで神になったというような事が記載されていたりするんじゃないかと思っています。

それは文献上の証拠としてイム様の直系でなくてもネロナ家は神を生んだ血筋として天竜人社会で高い地位につける要素にもなるはずですよね…

ネロナ家が滅びていないなら、やはり高い地位にあるんじゃないかと思えますが、もしかしたら神職みたいな役割を果たしていたりするかも?

イム様という神の教えを守る存在?

個人的に、天竜人達が自分達を神または創造主の末裔として自分達も神また創造主であり、地上の全人類は自分達の奴隷であると認識しているのは、やはりそういう教育をされているからだろうと思っています。

ネロナ家の人間はイム様以外にもいる!?|ワンピース1087話ネタバレ

権力が暴走し、自然にそう歪んできただけかも知れないですが、Dについての言い伝えなどもあり、やはり彼らにも何か根本となるような宗教的思想が存在するように思います。

それがあるとしたら、それはやはりイム様の教えであろうかと思うんですよね…

もしかしたら、聖地マリージョアには天竜人達を教育する学校または教会のような育成機関があり、そこでイム様の教えを学ばせたり武術や武器の扱いなんかも教えていたりするのかも?

神の騎士団はそういう機関で優秀な成績を残した者達が入るような組織だったりするんじゃないかとも思いますが、そんな機関があるなら、それを取り仕切るのがネロナ家だったりするのかも知れない…

五老星という政治家達がおり、神の騎士団という軍人達がいる…
政治と軍事の根本には何らかの思想があるわけですが、ネロナ家は思想を司る存在だったりするのではないでしょうか?

現在のネロナ家の当主は思想の指導者として法王とか法主みたいな肩書があったりするかも知れない…

今の天竜人達を育成する機関があるなら、それを取り仕切る存在はガープに言わせれば最悪のゴミクズだったりするかも知れないとも思えますね…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です