【確定】カグラバチ20話ネタバレ: カムナビの武器

5/5 - (2 votes)

【確定】カグラバチ20話ネタバレ: カムナビの武器 | カグラバチ20話についての詳しい情報が載っていますので、下にスクロールして読んでください!

【確定】カグラバチ20話ネタバレ: カムナビの武器【確定】

カグラバチ20話ネタバレ

ページ1
ちひろ: 佐々波家…(見つけたと思う…)、そして…私の助けが必要ですか?
はくり:さざなみのことを知っているなら、楽在市のことも知っているはずです。 あのクソ祭り、ぶっ壊したい!
ちひろ…? しかし、楽在市の支配者はサザンミ家​​……なぜ?

2ページ
はくり: そうですね、そうでしょうね。そうですね、私はさざなみでした。 我が家のモットーは「何よりも楽在市を敬う」です。 佐々波家に生まれた者は幼い頃から魔術の訓練を受ける。 彼らの恐るべき能力により、楽在市の完全性と継続を守ることが求められます。 ほら、私は才能ゼロの無類の弱者です。 そしてそれはオークションを妨害しました。 そして..私は追放されました。

3ページ目
はくり:人、死体までもが売りにされるオークション。 クズによるクズのためのお祭り。 そして、生まれてからはそれが当たり前だと思っていました。 しかしある時点で、それはそれだけではないことに気づきました。 多くの人にとっては苦痛だ。 そして楽在市はきっぱりと終わらせなければならないと悟った。

はくり:それで、あなたはいつもこうやって人を救っているんですか?
ちひろ:「節約」とは言わないけど、楽在市関連の情報を求めてここに来ただけなんです…。

4ページ目
はくり:でも、それはすごいですよね。 私がさざなみ、それは本当に奇跡のようなものです。
ちひろ:そうですね、本当に驚きました。
はくり: ..本当に驚いた?
*最終章の終わりのページを指しますが、これは驚きの表現ではありません*
ちひろ:佐々波家だったら、物の場所はわかると思うんですが…例えば保管品とか?
はくり: そうですね、そうだと思いますが、何を盗むつもりですか?
ちひろ:ああ、真打ちね。
はくり:ほら、順位はそんなに高くなかったけど、確か今年の目玉は真打ちですよね? それを盗むと…

続きを読む:  ブルーロック 213ネタバレ: 考察!!馬狼が魅せる?タイトル「E・4」の意味とは?

5ページ目
はくり「楽在市を終わらせる!」 (彼はただひらめいたのです)
はくり:ああ! つまり、私たちの目標はかなり一致しているということですね?
ちひろ(心の中で):うるさいですね。
はくり:真打ちってすごいんですよね? どういう理由で盗むんですか?
ちひろ:回収したらどうしたらいいのか分からないけど…ただ…怖いです。
ハクリ:?

6ページ目
千尋:私にとって、真打、魅惑の刃、それは私の宝物です。 真打の販売者を支援する組織…何かを企んでいる。 そして血が流れるだろう…この問題が放置され、罪のない人々が魔法の刃で死んでしまったら…。

7ページ目
ちひろ「もう我慢できないと思うよ…」
*千尋の電話が鳴る*
ちひろ:ん?
柴:やあ、柴です。
ちひろ「ああ、芝さん…」
ハクリ:……
柴:大丈夫ですか?

8ページ
ちひろ:完全に。 何が起こっていますか?
柴:アザミさんから電話がありました。 詳細については後ほどお話します。 聞いてください、カムナビからです –

*通話終了*

はくり: その電話は何についてでした?
ちひろ:誰かが追いかけてくるよ。 急いで「基地」に戻らなければなりません、あなたも一緒に来てください。

続きを読む:  「俺だけレベルアップな件」の最終回を公開!

*エレベーターの異音*

9ページ
*エレベーターが開き、ドアの後ろに女性の姿が見えます…*
ちひろ:…

*先ほどの電話に戻ります*
司馬:追跡者の名は「飢えた炎骨」調停者「火々里火雪」。 フレイムボーンは…エンチャントされたブレードと同じです。 「単なる」魔術とは異なります。
ヒユキ:リクオ、手を貸してください。

10ページ
飛雪: しばらくの間、あなたを探していました、六平千尋…一度だけ警告します。 刃を置け、そうすれば「この男」も下がるだろう…

11ページ
ハクリ「魔法の刃?」 それもそのうちの1つですか? ああ、私の記憶が正しければ、六平は……。
千尋「来た時は誰もいなかった…そしてこの感覚は、あの人の魔術ですか?」
リクオ:この空間は、現実世界の同等物から切り離された神聖な「プロレスリング」になっています。
はくり:あ! 相撲だ! それは相撲だ!
リクオ「勝負が終わって勝者が決まるまで、私のこの魔術は消えない…」
ちひろ「あなたたちは神ナビですか?」 私にはあなたたちと戦う理由はないので――

12~13ページ
氷雪: 残念ですが、ここにあります。 さあ、その剣を渡してくれ、愚か者
ちひろ:あ!
飛雪:ギリギリ避けられましたね? おい、もう一人はどこだ? あのね、また何だったっけ…クラウドの人?

14ページ
ちひろ「アカは吸収できなかったの?」 そしてこの巨大な精霊エネルギー…あれがフレイムボーンですね?
千尋:クラウドガウガー…壊してしまった。
ひゆき:そうだったんだ! クラウドガウガー..壊れましたか?
*ヒユキはリクオに尋ねます*: 魔法の刃の破断を壊すことができますか?
陸王:それはでたらめです、そうする必要があります。
ヒユキ: おい、冗談言ってるのか?
ちひろ:信じたいことは何でもいいけど、とにかく私を行かせてください。 あなたを切り捨てる理由はありません。
氷雪:またそれですが…先生「私には善意があります」ですよね? たとえどんな信念を持っていても、その魅惑の刃を「個人」で振るえば、結局は利己的になってしまう。 このような大げさな兵器は私利私欲で扱うのではなく、国家を念頭に置いて扱われるべきである。 カムナビがそれらすべてを制御するのは当然のことです。

続きを読む:  漫画『リバイアサン』最新話まで全話ネタバレあらすじ&感想!フランスから逆輸入された話題作

15ページ
ヒユキ:リクオ、リブ!
飛雪:風音は無罪になったんですね? その男は右腕を失い、そして彼が尊敬し尊敬していた人々のほとんどを失いました。

16ページ
ヒユキ:それらの不幸は、魔法の刃を振るう個人のせいで生まれます。
*ソウジョウの画像が点滅します*
ヒユキ「このまま魅惑の刃を振り続ければ……きっとまた『不幸』が生まれるだろう……」
ハクリ: 侍は明らかに精神と同期していないので、追い詰められています。おい、侍!

17ページ
ヒユキ「このまま魅惑の刃を振り続ければ……きっとまた『不幸』が生まれるだろう……」
千尋「このまま放置して、罪のない人々が魔法の刃で死んでしまったら……」
ハクリ「……何を失ったの?」
ハクリ: ……これはダメだ!!!
ヒユキ:わかった!

18ページ

*ハクリは飛雪のパンチを受け止め、千尋とリクオは言葉を失う*

19ページ
ハクリ: ..私は、あなたの状況については知りません..あるいは、魔法の刃の「正しい使い手」が誰なのか..しかし、それはそれほど難しいことではありません..私を救ったのはあなたです! あなたは私の命を救いました!

編集者注: ためらいから千尋に衝撃を与える..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です