キングダム784話考察: 常勝王翦惨敗確定!?

4.2/5 - (6 votes)

キングダム784話考察: 常勝王翦惨敗確定!? 司馬尚軍の脚色は全く衰えず、王翦本陣から弓隊が迎撃するほどの距離に迫っているわけですが、王翦はこの窮地にどう対応するのか?

以前に分析も書きました。ここで読むことができます。➡️ キングダム784話ネタバレ考察: ついに大量虐殺が始まる

キングダム784話 は以下のリンクから無料で読むことができます。➡️ キングダム784話 Raw – 読んで議論する

キングダム784話考察

キングダム784話考察: 常勝王翦惨敗確定!?

弓隊の迎撃は有効なのか?

司馬尚と青歌の精鋭達はカン・サロ、ジ・アガ、楽彰が生み出した道を通る形でいとも簡単に王翦本陣を視認できるほどの距離にまで到達したわけですが、王翦本陣からは弓隊が迎撃を開始しています。

司馬尚軍は騎馬隊であるようですから、過去に書かせて頂いたように、人よりも馬を狙う方が脚を止めるには有効であろうかと思いますから個人的には王翦は『人より馬を狙え』というような指示を出しているのではないかと思っています。

続きを読む:  キングダム777話ネタバレ: 真の狙いは李信将軍?

馬が倒れたり負傷すれば機動力が格段に低下するわけですから、後方から追ってくる倉央や田里弥の軍も追いつきやすくなり、本陣と挟撃するにもやりやすくなりそうですし、そのまま押し込まれる事になって逃げるにしても、逃げやすくなるはず…

常勝王翦と言えども、過去に今回のような窮地に陥った事はありそうですし、そうでないとこれまで見せてきた大胆かつ繊細な策を思いつく事など不可能だろうとも思いますので、必ず何か打開策を見せるとは思います。

しかし、現状はある程度司馬尚軍にダメージを与えたとて、それで司馬尚軍を壊滅させたり撃退させたりするのは不可能であるとも思いますから、やはり逃げるしか道はないように思えます…

王翦は今回、単純に李牧の策を見抜けずいいようにやられてしまったようにしか見えないですが、個人的には何だか最初からあまり積極的な感じが無かったように見受けられますので、何か思うところがありつつ今回の戦に臨んでいるように思います…

やはり、王翦は李牧がいる以上、趙の早期攻略は極めて難しく趙に拘れば中華統一が遅れに遅れるという事を考慮し、趙攻略に対してやり方を変える為、故意に…というのは乱暴かも知れないですが、負けを想定して戦に臨んでいるようにも感じられるんですよね…

可能性は低いと思いますが、王翦は今回全くいいところがないまま敗北するのは目に見えているように思います。

しかし、王翦は絶対に生き延びねばならないですよね…!

王翦軍はほぼ壊滅する?

王翦軍は現状、青歌軍に対して勝てる要素が見当たらないように思います。

カン・サロ、ジ・アガ、楽彰の誰かを討ち取る事ができたなら逆転の目はありそうですが、それが可能な状況とも思えない…

司馬尚に釘付けになり、おそらく李牧の思わく通りに動かされているような状況になっているて思われますので、おそらく今の倉央と田里弥の動きは裏目に出るのではないかと思います。

王翦すら嵌められている可能性が高いですから劇的に戦況を変える事は不可能だと思いますから、やはり逃げるしか王翦が生き延びる道は無いように思います。

だとしたら、やはり亜光、倉央、田里弥は腹を括り、自分達が全滅しようとも王翦を守り逃す事に集中するのではないかと思います。

そうなると、おそらく王翦軍幹部と言える三将は全滅するような可能性もあるでしょう…

そのくらいの犠牲を出さないと司馬尚から逃れるのは不可能じゃないかと思います。

しかし、そうなったとして右翼と左翼はどうなるのでしょうか?

総大将が退却したなら、やはり右翼と左翼もそれに続かねばならないわけですが、右翼では信達が砦攻めで離れている状況ですし、左翼ではキタリ達が番吾城から壁を救出しようと動いている最中で、それを見捨てて退却などできるわけがないですし、それ以前に現在両翼とも激しい戦闘中ですよね…

また、王翦も両翼に何らか指示を出さねばならないかと思いますが、一体どんな指示を出すのか?

早すぎる中央軍の崩壊はシンプルな『大惨敗』という結果にしか結びつかないのか?

続きを読む:  【確定】キングダム778話ネタバレ: 信は李牧の罠を直感!

司馬尚と青歌軍の実力が未知数であり、想定より遥かに上回るものだったとしても、秦の総大将は王翦であるわけですからね…

李牧の策がこれほどまでにどハマりしているのは何故なんでしょうか?

必勝の意気込みが裏目に?

秦は先の大敗で桓騎という中華統一に必要な人材まで失い、今回の侵攻に失敗すれば中華統一は遠のくと必勝体制で臨んだはずですが、その意気込みが裏目に出てしまっているのかも知れないですね…

また、李牧はそれを見抜いて明らかに煽るような形で自らを囮にし、さらに司馬尚という目立つ存在を投入する事により中央軍を釘付けにしてしまった…

客観的にみるに、秦はもう戦になっていないですよね…

王翦は冷静な人物であるはずですが、王翦すらも李牧に呑まれてしまっているようにしか見えない…

何もできずに戦に負けたとなると面目丸潰れであり、また、本当に秦は再起を図るに時間がかかるはずです…

今回の戦は史実においても負ける戦ですから、このまま見るも無惨な敗北という結果に終わりそうですが…

李牧は一番厄介な男であると見る信を戦の外に引っ張り出してしまったわけですが、李牧もこの後に戦とは関係ない政治的な手段で司馬尚とともに排除されてしまう形になりますよね…

李牧と司馬尚を除く策は、今回の戦の敗因を検証した結果、王翦が立案するような形になるのではないかと思います。

戦の場で厄介な存在ならば、その外に連れ出す形で排除すればいいと、李牧が自ら教える形になってしまうんじゃないかなぁと思っています…

ですから、やはり秦軍はこのままいいようにやられてしまい、信やキタリ達は独自の判断で逃走するような形になってしまうのではないかと思います…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です