キングダム783話ネタバレ考察: 李牧の圧勝に終わるのか?

5/5 - (1 vote)

キングダム783話ネタバレ考察: 李牧の圧勝に終わるのか? キングダム783話に関する議論に参加してください!

次の記事を参照してください。【確定】キングダム782話ネタバレ:司馬尚と青歌軍の猛威が王翦に迫る!

キングダム782話をまだ読んでいない場合は、次のリンクから読むことができます。キングダム782話 Raw – 読んで議論する

今すぐフォローしてください:
ワンピース、呪術廻戦などの初期の有名な漫画シリーズを読むには、X で私をフォローしてください。

 

キングダム782話ネタバレ考察

キングダム783話ネタバレ考察: 李牧の圧勝に終わるのか?

司馬尚軍を止める方法はあるのか?

圧倒的な強さを見せつける司馬尚と司馬尚軍ですが、今のところ、それを止められるような戦力が見当たらないですよね…

続きを読む:  キングダム787話ネタバレ考察: 李牧の思惑はどこまでその通りに?

司馬尚個人の戦闘能力、青歌軍の兵士達も個々に戦闘能力が高いようですし、何より司馬尚軍がまっしぐらに王翦の本陣を目指していると言うと言う状況は王翦軍全体として最悪の展開と言えますよね…

亜光軍は絶対に兵を割けぬ状況でしょうし、田里弥軍は司馬尚軍にターゲットを絞ったものの止められるような雰囲気はなく、また倉央軍もジ・アガ軍に糸凌と一万の兵をあてていますが倉央は後方から追う展開になっており、完全に司馬尚軍に集中してしまっている状況ですね…

この状況で王翦また玉鳳隊が司馬尚を止められたら後方から挟撃し、司馬尚軍を潰す事も可能と思いますが、おそらく司馬尚個人を止められるような猛者がいない限り、あの突進力なら容易に本陣を貫通されてしまうような雰囲気を感じます。

司馬尚はジ・アガとカン・サロ&楽彰が作った花道を突き進むという感じに見えますが、おそらくこれも全て李牧の策であり、花道を抜けてくる花形役者に魅了された王翦軍は完全に正気を失っているように見えない…

守って守り切れるような敵ではなく、やはり王翦が自ら本陣の兵力を総動員して攻めに転じさせでもしない限り、司馬尚を止めるような方法はないように思います。

王翦がこのまま何もせずに負けるとは到底思えないですし、王翦なら敵の布陣を見たなら、こうなる展開も予想できたのではないかと思うのですが、王翦が司馬尚の強さを計りきれなかったというのが敗因になるのでしょうか?

李牧の策と司馬尚の圧倒的な武力が戦の勝敗を決してしまうのか?

シンプルにはシンプル?

現在の中央軍の戦いは、ある意味、この時代の戦としては非常にシンプルな状況にあるようにも思います。

軍を率いる将軍の武力が戦況に大きな影響を与えるのは自然な事ですよね…

司馬尚の武力は常識から大きく逸脱しているレベルだとは思いますが、それ以上のものはないようにも思います。

また、司馬尚軍は騎馬隊であるようですが、人よりも馬をどうにかすれば脚勢は激しく鈍るのではないでしょうか?

もしかしたら、王翦は人より馬を狙って撃てと弓隊に命じたりするのではないかと思います。

それを見た田里弥や倉央がそれに倣って人より馬を狙って攻撃するような展開もありそうな気がします。

李牧が司馬尚の武力に王翦軍が魅了され、冷静さを失って、本来そうすべき事ができなくなると考えて今のよう状況になるように仕向けたなら、王翦ならばそれにはまらないだろうと思います。

そんな手段では司馬尚は止まらないかも知れないですが、いかに強かろうが速かろうが、生き物なんですから少なくとも何らかの形で弱体化させ、司馬尚の武力と軍の勢いをある程度殺すことはできるでしょう!

仮に司馬尚が馬を失うようなことがあれば、敵地のど真ん中なんですから致命的だと言えますよね…

また、あれだけの巨躯ですから司馬尚を乗せて走れる馬に代わりがあるのかと考えると可能性は低い…

近寄れば斬られてしまうでしょうが、弓矢や投げやりで狙うとか、また、命中せずとも馬を狙うだけでも勢いは鈍るだろうと思います。

現状、司馬尚の突進力を弱める手段はそれくらいしか考えられず、シンプルな攻撃にはシンプルな対策が一番かと思いますね…

続きを読む:  キングダム 774話の予想: 番吾の戦いは一瞬で終わる?

李牧の圧勝に終わるのか?

現状、番吾の戦いは全て李牧の思惑通りに進んでいるようにしか見えないですが、もともと趙の勝ちが確定している戦いですから、このままずっと李牧のターンで終わりを迎えるのでしょうか?

前回の肥下の戦いも趙の勝ちは確定していたわけですが、李牧は桓騎によりあと一歩まで追い詰められていますよね…

それからして、今回もやはり李牧が一泡吹くような場面はあるかと思えるのですが、今のところはまだ全くそんな要素が見当たらない…

あるとしたら、やはり王翦ですよね…

李牧は司馬尚を投入することで早急に王翦の首を取り、この戦を終わらせるつもりみたいですが、仮に李牧の思惑通りに行かず苦戦するような事になるなら…

李牧は頭佐砦に追い込まれている状況…

また、飛信隊は砦の周りを包囲していますから李牧は逃げようもない…

平原のど真ん中ですから地下道で脱出というのも現実的ではないですよね…
可能性はゼロと言えなくはないでしょうが…

だとしたら、李牧は司馬尚が王翦の首を取るまで粘らねばならないのかも知れない…

そんな状況にあるのだとしたら、司馬尚が王翦の首を取るのに手間取れば李牧の命はそれだけ死に近づいていく事になるでしょうね…

勝ちは確定しているわけですし、李牧も司馬尚もここでは死なないわけですし、また王翦も死なない…

結果的に王翦がどこかで全軍退却の決断をする事になるのでしょうが、やはり王翦のシンプルな対策が時間稼ぎとなり、李牧も司馬尚も追い込まれる形にはなりそうな気がしますね…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

【その他のキングダム関連記事】

キングダム782話感想考察|趙三大天司馬尚はもう1人の総大将

キングダム781話感想考察|司馬尚の武は規格外が過ぎる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です