【確定】キングダム782話ネタバレ:司馬尚と青歌軍の猛威が王翦に迫る!

4.7/5 - (3 votes)

【確定】キングダム782話ネタバレ:司馬尚と青歌軍の猛威が王翦に迫る! キングダム782話が公開されましたので、今回の内容をまとめて分析してみましょう!

キングダム782話は以下のリンクから読むことができます。

【確定】キングダム782話ネタバレ

【確定】キングダム782話ネタバレ:司馬尚と青歌軍の猛威が王翦に迫る!

必殺部隊標的変更!

前回ラストにてジ・アガを負傷させた田里弥必殺部隊に司馬尚が急襲!

蛇輪公を一刀両断され、そのまま田里弥も…という雰囲気でしたが、田里弥は助かっているようで、蛇輪公を討ちとった巨躯の猛将を司馬尚だと確信し、全将兵に司馬尚を討ち取れと命じるようです!

田里弥は司馬尚の首には李牧と並ぶ価値があるという事も叫ぶようですが、それは司馬尚を討ち取れば限りなく勝ちに近づく事を意味し、全将兵は勢いづくようです!

続きを読む:  キングダム788話ネタバレ考察: カン・サロの足止めは不可能か?

田里弥は山秀と申赫楽に司馬尚討伐を命じ、申赫楽はジ・アガ討伐を糸凌に託して司馬尚を狙うようですが、司馬尚は止まらない!

司馬尚を先頭として司馬尚軍は恐るべき突進力を見せつけ、誰も止められないというような雰囲気であるようです!

司馬尚が目指すは王翦の本陣であるのは間違いなく、何がなんでも止めねばならないという状況になったようですが、現状、司馬尚を止められるのは圧倒的な数だけではないでしょうか?

一騎討ちで歯が立つようには思えないですし、数人がかりでも勝てそうな気はしない…

ならば、圧倒的な数で食い止めるしか方法はないと思います。

しかし、それに大胆に兵力を割けるような状況でもないですよね…

放置していれば必ず王翦の本陣への突撃を果たすだろう司馬尚に対して限られた兵力と人材で止めるしかないわけですが、田里弥は倉央にも兵力を割くように指示するようですが…

秦中央軍は司馬尚の登場により、最早大混乱というに相応しいような状況になっていると言えるでしょう…!

司馬尚の猛威

司馬尚はまさに武神・龐煖を思わせるように群がる秦の将兵を木端のごとく蹴散らしているようです!

最早、知略など通用しないような暴風という感じですが、司馬尚の登場により秦軍はこれまでの戦いが一気に崩れる形になるでしょう…

王翦本陣からは亜光軍に二万の援軍を送っていて手薄になり、王賁が残した玉鳳隊のみが予備兵みたいな形で司馬尚の前に立ちはだかるしかないと思いますが、仮に王賁がいたとしても歯が立ちそうもない…

おそらく現代の戦争でも未知の兵器が圧倒的な破壊力を見せたなら、戦場は大混乱する形になると思います。

混乱すれば冷静な判断力が削がれる事になります…

楚の媧燐はかつて戦場は魅了してナンボだろうというような事を言っていましたが、おそらく司馬尚は今、秦軍を魅了しているような状態になっているのではないかと思います。

李牧は司馬尚の猛威が秦軍の目と心を魅了し、釘付けにする事まで想定していたのではないでしょうか?

そうだとしたら、それはまんまとハマっているように感じられますし、李牧は司馬尚が仮に敵の総攻撃を受けたとしても、それでも尚、王翦に届く自信と確信がありそうにも思います。

続きを読む:  【確定】キングダム786話ネタバレ:アガ討ち死に!

また、やはりそれにハマったか倉央が兵を動かすようですね!

今度は倉央が窮地に落ちる!?

田里弥からの指示があったものの、倉央は部下達に兵力を割く事を止められるようですが、司馬尚の突進力を見て放置できず、兵一万を残して司馬尚の背後を突こうという展開になるようですね!

おそらくジ・アガ軍を糸凌に任せているものと思いますが、兵力が少なくなった糸凌が戦線維持したりジ・アガを討ちとれるかは疑問ですよね…

しかし、それほど切迫している状況であり、倉央は腹を括ったものと思いますが、なんと、その倉央軍の横腹にカン・サロ軍が突っ込んでくるようです!

亜光軍と戦っていたはずのカン・サロ軍ですが、おそらく楽彰が後を引き受けたのでしょうね…

カン・サロは司馬尚に継ぐ実力者みたいですし武力はすでに証明済み…

倉央がカン・サロに勝てるとは思えないですが、このまま行くと倉央と糸凌が引き裂かれた状態で二人とも討ち死にというような可能性すら感じさせます…

司馬尚に魅了された結果、秦中央軍はズダズタになりそうな雰囲気になってきましたが、本陣の王翦は今の状況をどう見ているのか?

負けは確定しているものの、このまま好き勝手やられて負けるとは思えないですし、王翦は必ず何かやってくれるはずだと思うのですが…

また、最悪…王翦配下の将軍達が全員討ち死にというような展開もあり得るように思うのですが…

王翦は部下を救い、また、左翼と右翼も守る事ができるのでしょうか?

今、この場をなんとかできそうなのは、おそらく司馬尚に魅了されないだろう王翦しかいないように思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です