【確定】キングダム787話ネタバレ: アガを討ち取るも瀕死!

5/5 - (1 vote)

【確定】キングダム787話ネタバレ: アガを討ち取るも瀕死! 前回ラストでは満身創痍で意識も混濁という様子の糸凌がジ・アガの首の根本に剣を叩き込むという展開が描かれましたが…

キングダム787話を掲載しました。 以下のリンクからキングダム787話を無料で読むことができます。➡ キングダム787話 Raw – 読んで議論する

スポンサーリンク

キングダム787話ネタバレ

【確定】キングダム787話ネタバレ: アガを討ち取るも瀕死!

カン・サロとジ・アガの回想

前回ラストにて糸凌の剣を首の根本あたり受けるという致命的な傷を受けたジ・アガ…

そこから、カン・サロとジ・アガの回想シーンに入るようです。

カン・サロとジ・アガは幼馴染のような関係であり、少年時代から一緒に過ごしてきたようですね…

前回での二人のやり取りをみても、その関係…というか絆はかなり深いものであるというのは伺えました。

二人の出自がどんなものなのかまでは分からないですが、今の二人の様子からみても非常に郷土愛が強そうですし、少年時代から青歌を守る力をつける為に切磋琢磨してきたのではないかと思われます。

もしかしたら、信と漂のような関係だったりするのかも知れない…

だとしたら、二人にとって司馬尚は嬴政のような存在だったりするのかも?

二人がどのような形で司馬尚を主君としたのかまでが描かれるのかは分からないですが、二人の司馬尚に対する信頼と忠誠心、また司馬尚から二人に対する信頼感も嬴政と信のそれと似て同等のものではないかと感じられます…

信と漂は義兄弟と呼べるような関係だったと思いますが、おそらくカン・サロとジ・アガもそういう関係にあるのだろうと思います。

そのジ・アガが糸凌によって明らかに致命傷としか思えない傷を受けたわけですが、前回ラストのカン・サロのリアクションからしても信じられないというような感じでしたよね…

カン・サロはこの戦は司馬尚も含めて自分達にも戦死の可能性があると言う覚悟で臨み、それを聞いたジ・アガは自分は覚悟が足りていなかったと言っていました…

そんな覚悟を持っていたカン・サロでも目の前でジ・アガが致命傷としか思えない傷を受けたのは衝撃的だったのでしょう…

続きを読む:  キングダム788話ネタバレ考察: カン・サロの足止めは不可能か?

しかし、ジ・アガは簡単に沈む男ではないようです…

糸凌VSジ・アガ決着

糸凌は満身創痍、意識混濁というような状況の中で倉央を守るという強い意志の力、また、天性の闘争本能故か意識を保ち、一瞬のチャンスを逃さず、ジ・アガの首の根本あたりに致命の一撃を叩き込んだわけですが…

ジ・アガはやはり怪物であり、また、おそらくはカン・サロとかわした、この戦に対する覚悟についての会話から足りていなかった覚悟がより強くなった為か、首に食い込んだ糸凌の剣を手で止め、反撃してくるようです!

一撃目で糸凌の甲冑を砕き、二撃目で糸凌の腕を砕いてしまうようですね!

元々満身創痍である糸凌にはそれも致命の一撃になりかねないようなものだと思いますが、ジ・アガの覚悟に対して糸凌にも自分の命を賭け倉央を守るという覚悟がある故か、糸凌はそれでも怯まず、ジ・アガの片腕を斬り飛ばし、ついにトドメとなる一撃を叩き込んで、ついにジ・アガを討ち取るという展開になるようです!

壮絶過ぎる展開ですが、糸凌は恵まれた体格と才能を持っているのは明白ですが、倉央に対する愛情がこの『強さ』の最大の原動力になっているのも明白…

おそらくジ・アガは信でも簡単には倒せぬ敵だったと思うのですが、それを討ち取るのは大金星ですよね…

しかし、糸凌は手柄云々よりも倉央を守るということしか頭になく、そのままカン・サロまで討ち取りたいというところだと思いますが、流石に力尽き、最早、瀕死という状態になってしまうようです…

また、カン・サロも相棒であるジ・アガを討ち取った糸凌を討ち取ろうというような姿勢はみせず、司馬尚の元に向かう事を優先するようですね…

カン・サロ進撃再開

目の前で相棒ジ・アガを討ち取られたカン・サロですが、逆上して糸凌に襲いかかるような事もなく、マスクを外して素顔で相棒の最期を看取るようです…

カン・サロはジ・アガが討たれた直後、戦っていた申赫楽を斬り捨ててジ・アガの元へ駆け寄るようです。

やはり申赫楽はカン・サロに対しては役不足だったようですね…

カン・サロは相棒の死に対してマスクを外すようです。

カン・サロが戦場ではマスクをつけるというのにも何らか意味があるのではないかと思えますが、それを外すという事は、武人としてよりは一人の人間として相棒の死を受け入れ、人間として相棒を彼岸へと送り出したいというような感情があるのではないかと思います。

糸凌に対しては、元々女性を傷つけるのは性に合わないという感じでしたし、カン・サロから見れば明らかに『瀕死』…そんな瀕死の女性にとどめを刺そうなど思えないというところなんでしょうか…

それはやはり『見逃す』という事なのかも知れないですね…

また、カン・サロは司馬尚の後押しをする為に進撃せねばならないわけですから、相棒を送ると進撃再開しようとするようです!

糸凌は最早、それを追う事は叶わないでしょうから、軍を率いて追えるのは山秀のみという事になりそう…

しかし、ジ・アガの意志を受け継ぎ更に覚悟を強くしただろうカン・サロを、山秀が止められるとは思えないですね…

やはり、王翦本陣はこのまま司馬尚に蹂躙される事になるのか…!?

X でフォローして最新情報を入手してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です