キングダム787話ネタバレ考察: 李牧の思惑はどこまでその通りに?

3.4/5 - (5 votes)

キングダム787話ネタバレ考察: 李牧の思惑はどこまでその通りに? キングダム第786話では糸凌がジ・アガを討ち取るという展開になりましたが、しかし、それはまだ戦の大局を左右するというところまではいかないですよね…

キングダム787話ネタバレ考察: 李牧の思惑はどこまでその通りに?

キングダム786話のまとめ

キングダム786話の内容は私が書いて以下のリンクに載せています。➡ 【確定】キングダム786話ネタバレ:アガ討ち死に!

キングダム786話は以下のリンクから無料で読むことができます。➡ キングダム786話 Raw – 読んで議論する

スポンサーリンク

キングダム787話ネタバレ考察

司馬尚軍へのダメージは確実

ジ・アガが討ち取られたわけですが、それが戦の大局を左右するというほどに甘い状況ではないでしょうね…

続きを読む:  キングダム789話ネタバレ考察: キタリと壁はどうなる?

司馬尚には寡黙で無表情、何を考えているか分からないというような印象があるのですが、王翦が司馬尚の近衛兵を狙う戦法を指示し、実際に討ち取られていくのを見ても眉ひとつ動かさないという感じでしたね…

しかし、部下の将兵達からの慕われ方を見ても司馬尚は部下の死を無駄にせずに力に変えるタイプだと思います。

おそらく、命を重さを充分に知る男だと思いますから、ジ・アガの討ち死に、またカン・サロと楽彰も同じでしょうが、部下が討たれれば、更に力を増すものと思われます。

司馬尚は前進を続けるものと思いますが、やはり後方からの後押しがなくなり、更に倉央達に突かれているという状況は確実にダメージになるだろうと思われ、脚色が鈍るのは間違いないでしょう…

しかし、もう視認できるくらいに本陣に迫っているわけですから、今更引き上げるような事はないでしょうし、部下の死を無駄にしない為に王翦の首をとらねばならない…!

司馬尚軍を止めるには、やはり司馬尚個人を止め得る武を持つ男の存在が必要だと思えるのですが、それはやはり信しかいないですよね…

王翦はやはり信が来るまでに持ち堪えなければならないと思いますが、司馬尚軍の圧倒的な攻撃力をどうやって凌ぎ切るのか…!?

李牧と同じ事をする?

王翦は司馬尚からの攻撃を凌ぎ切らねばならない…

司馬尚軍が司馬尚という鋭い牙を持つ一匹の獣だとして、今は尻尾に倉央達が食いついている状態で、脚色は鈍るものの食いついている連中を引きずってでも前進すれば、狙った獲物に食いつけはしますよね…

王翦も司馬尚は止められないと考えるのではないかと思いますし、同時に、司馬尚を排除せねばこの戦には勝てないと考えると思います。

個人的に、王翦は李牧と同じ事をするのではないかと思います…

つまり、王翦が囮になって逃げるという事なんですが、趙が李牧と司馬尚のタッグだとすると秦は王翦と楊端和のタッグですよね…

李牧が囮になり、最終的に王翦の首を狙っていたという事は、既に王翦も理解していると思うのですが、だとしたら、それに対抗して王翦が囮になり、司馬尚を討つ事によって戦の勝機を見出す…というような可能性もあるのではないかと思います。

それをするにしても、王翦では司馬尚を討ち取れないでしょうから、討ち取れる可能性がある味方をぶつける必要がある…

可能性があるのは信、または楊端和ではないかと思います…

李牧は秦の右翼を中心に引っ掻き回してくれましたから、王翦は左翼で司馬尚を討ち取る事を考えたりして…

今のままでは楊端和に活躍の可能性が無いですし、楊端和に見せ場があるとしたら、相手は司馬尚という事にもなりそうな気がしますし…

続きを読む:  キングダム768話ネタバレ: 蒙恬と王賁の近況

止めようが無い獣に対してマトモに真正面から付き合う必要もないと思いますし…

李牧の思惑はどこまでその通りに?

現状は完全に李牧の思惑通りになってしまっていますよね…

史実においても勝っているわけですから、そうなって当然と言えば当然なんですが、このまま行くと秦は何の戦果もなく単に負けたという事になります・

糸凌がジ・アガを仕留めたとて、それは個人の功績にすぎないわけですし、やはり、何か李牧をあっと言わせるような趙にとっての実害が必要かと思います。

李牧はこの戦で総大将・王翦の首を取りたいわけですが、史実から見てもそうはならず、それは思惑通りにならないのは確定ですが、それ以外はおそらくほぼ全て李牧の思惑通りに事が運びそうですよね…

しかし、秦は意外な実害を趙に残しそうな気がします…

それが番吾城に囚われている壁に関する事になりそうな気がするんですよね…

壁は捕虜として強制労働させられていましたが敵の内情を知るチャンスには恵まれていた可能性もあるでしょう…

だとしたら、李牧がどのような立場であるかとか、誰と仲が悪いとかも知り得ている可能性があるかと思います。

その情報が、のちに李牧を失脚させる秦の方策に大きな影響を与えるのではないかと…

壁は明らかに武官より文官が向いていそうですから、いつかのタイミングでそちらにシフトする可能性があるんじゃないかと思っているのですが、もしかしたら、この戦が終わったら昌文君の部下の文官として働き出し、李牧失脚に貢献するんじゃないかとも思います。

天才は思わぬところで凡人に足元をすくわれたりするものですが、李牧の場合は壁を逃す事が致命的なミスになるかも知れないなと今はそんな風に思っています…

あと、李牧と司馬尚ら青歌の関係なんですが、もしかしたら李牧は青歌と共にクーデターを起こして王になるというような事になっているんじゃないかと思います。

司馬尚達の李牧に対する扱い…感情というのか分からないですが、彼らにとっての希望であるような気がするんですよね…

今の王家では遠からず趙は滅びるでしょうし、その前に自分達が滅ぶ事も李牧はわかっていると思いますから、趙の国民の為に簒奪を覚悟しているのかも?

李牧はカイネを平穏な暮らしに戻るような事を言っていましたが、それは趙の未来にとって何の解決にもならないですからね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です