【確定】キングダム785話ネタバレ: 糸凌、獅子奮迅

3.5/5 - (2 votes)

【確定】キングダム785話ネタバレ: 糸凌、獅子奮迅: 前回は信達が本陣に加勢するために大返しする様子、また糸凌が倉央達を本陣の加勢に行かせる為にカン・サロとジ・アガを食い止めようとする展開が描かれましたが…

【確定】キングダム785話ネタバレ: 糸凌、獅子奮迅

キングダム785話が以下のリンクに掲載されているので、今すぐアクセスして読むことができます!➡ キングダム785話 Raw – 読んで議論する

【確定】キングダム785話ネタバレ

倉央と糸凌の馴れ初め

第785話のサブタイトルは『大女』になっているようですが、それからして第785話は糸凌にスポットが当たるエピソードになっているようです。

冒頭から糸凌と倉央の過去が描かれているようです。

まだ倉央が王翦軍の若手将校だった頃、とある戦場で鬼神のような強さを見せる長身の女性の姿に目を奪われた倉央はその女性に『美しい』と声を掛けるが相手にされない…

彼女の名は糸凌といい傭兵団に所属していると倉央は知り、以来、糸凌を口説き落とそうと付き纏いますが、糸凌は冷たくあしらい続ける…
糸凌は倉央のしつこさに辟易し、髪で隠した片目を見せ『これでも美しいか?』と問う…

糸凌の左目は十字型の傷で潰れていて隻眼になっていたが、倉央はそれを見ても美しいと求愛し、糸凌はついに折れて一晩だけという想いで倉央の求愛に答える…

続きを読む:  キングダム767話ネタバレ|城戸村では何が?尾平結婚か?

しかし、倉央の求愛はもっと真剣で深いものであり、二人はこれからずっと一緒にいるのだと糸凌を求める…

糸凌はその熱い想いを受け入れ、二人は死が二人を分つまで一緒にいるという誓いをし、今に至る…

というのが二人の馴れ初めという事であるようです…

倉央はやはり若い頃からモテていたようで、そちらの方はかなりお盛んだったようですが、おそらくは生涯共に生きるパートナーを探し求めていたのでしょうね…

糸凌はその長身と強さが原因で周囲から恐れられ女性としても見られていなかったような雰囲気ですが、彼女も目の傷を気にして女性である事を半ば捨てていたように感じられますが、それさえも美しいと言われた事に倉央に生涯を捧げていいという想いになったようですね…

そんな糸凌が今、倉央を王翦の救援に向かわせようとカン・サロとジ・アガを食い止めようとしているわけですが…

倉央の決断

最愛の糸凌がかなりの難敵であると明らかな敵将を二人同時に相手にし、王翦のもとへ走れという…

倉央は決断しかねますが、そこに田里弥が声を掛ける…

このままでは確実に王翦様が討ち取られる事になるのは明白で今は糸凌に任せるしかない、お前が指揮を執れと…!

田里弥は申赫楽と山秀を残していくといい、二人にそのように指示しますが、それは倉央に糸凌の身は二人に守らせるというような意味でもあり、倉央に迷いを断ち切らせるための気遣いでしょうね…

糸凌も言うように、今の倉央の役割は王翦を窮地から救う事に他ならないわけですから道は一つしかないわけですが、やはり最愛の糸凌を残してはいけないと言う想いの板挟みに苦しむ倉央ですが、ついに決断し、兵士五千を割き、また三千も後から続くように指示し司馬尚軍を後方から突くべく指示するようです。

田里弥もそれに続き、半数の兵を連れていくと指示するようです。

倉央は糸凌に戦が終わった後、激しくお前を抱くから夜に体力を残しておけと言い、糸凌もそれに御意と答えるようですね…

倉央は正直なところ迷いは断ち切れていないものと思われますが、今は自分が動かねば主君を見捨てる事になるわけですから、それはやはり一人の将、男として絶対にできない…

糸凌は倉央を男にしようと送り出してくれているわけですから、それにも答えねばならない…

糸凌を死なせない為には速やかに司馬尚軍を何とかするしかないと言う状況で、おそらく必死の戦いになるかと思います…

また、糸凌はやはり怪物的な強さを見せるようですね!

糸凌、獅子奮迅

カン・サロは倉央達の動きを見て、この場はジ・アガに任せると倉央達を追おうとしますが糸凌がそうはさせない!

続きを読む:  キングダム771話ネタバレ|王翦による番吾陥落も速攻?既に李牧の罠に?

カン・サロに襲い掛かり、その脚を止めるようです。

おそらく糸凌には迷いなど一切なく、二人を仕留めるしか生き延び再び倉央に会える道は無いと言うような覚悟を持っているように感じられます…!

糸凌に押されるカン・サロを救おうとジ・アガが攻撃してきますが、糸凌はジ・アガの棍棒を撃ち落とし、周囲を驚愕させる!

カン・サロは糸凌を仕留めねば倉央達を追えないと判断するようです。

カン・サロは糸凌が女性である事から気は進まないが始末するしかないなと言って糸凌に向き合う姿勢を見せますが、カン・サロはまだ本気を見せていないですし、本気で糸凌を仕留めようと決めたなら恐ろしいですね…

死が二人を分つ時が来たのでしょうか?

一方、司馬尚軍の後方を突くべく走る倉央と田里弥…

田里弥は吐血し、かなり体調が悪そうで倉央は無理をするなと言いますが、田里弥は自分の戦術が必要になるからそれはできないといい、また、糸凌がカン・サロとジ・アガを止めてくれている事には大きな意味があると言う…

司馬尚軍の進撃はカン・サロとジ・アガまた楽彰と言う後方からの押し上げが大きな力になっている…
それが止まっている今、自分達が司馬尚軍を後から突くと言う事は必ず司馬尚軍の勢いを弱体化させるはずだと…

そう言いながら、倉央と田里弥率いる軍が司馬尚軍の後ろに突撃し敵兵を蹴散らし始めたところで第785話は終了となるようです…

来週も新章がまだあります! キングダム786話を読むには以下のリンクからどうぞ! ➡ キングダム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です