【確定】キングダム784話ネタバレ: 王翦軍奮闘

5/5 - (2 votes)

【確定】キングダム784話ネタバレ: 王翦軍奮闘 | 前回ラストでは頭佐砦を落とした信達が地下道の入り口を発見し李牧を取り逃がした事実に直面する様子が描かれましたが…

【確定】キングダム784話ネタバレ: 王翦軍奮闘

「キングダム784話」がアップロードされました。こちらで無料で読むことができます。▶️ キングダム784話 Raw – 読んで議論する

飛信隊大返し

信達は李牧の『子供じみた罠』によって取り逃がしてしまった事を知ったわけですが、事は単純にそれで済む話ではない事を信と河了貂はすぐに理解するようです。

飛信隊から信と騎馬隊含む主力と言える一万が抜けた事により、二人が予想し信じたように王賁が加勢に来てくれているわけですが、それにより中央の王翦本陣の守りが手薄になっている状況…

信達は李牧が意図的に自分達を本戦から切り離したのだと悟り、楚水達はそこまでの存在になったのかと感慨深い事を言っていますが、信はそんな場合ではないと冷静であるようです。

地下道に入り李牧を追うという話も出ますが、もう地下道は塞がれている可能性が高いとそれは却下されるようです。

続きを読む:  キングダム784話ネタバレ考察: ついに大量虐殺が始まる

また、信は中央軍が押されている状況を知り得ているようで、李牧にまんまとしてやられて本戦から切り離され、知らないうちに負け戦だったなんてあり得ないと言い、残してきた羌カイ達より王翦軍に加勢する事を選ぶようです。

信は河了貂に間に合うと思うかと尋ねますが、河了貂はタイミング的には絶対間に合わないが王翦軍が李牧の想定を上回る奮闘をしていてくれれば間に合うと答え、飛信隊は大返しを敢行するようです!

また、李牧は頭佐砦以外にも砦と地下道を築いており、飛信隊がどこに配置されていても同じように本戦から切り離せる用意をしていたようですが、そこまで飛信隊を厄介だと思っていた事、また李牧は司馬尚と青歌に大恩があり、この戦は必ず勝たねばならないから、やれる事を全てやったのだという話を傅抵に語るようですね…

また、李牧は桓騎に続き、この戦で必ず王翦の首を取るという非常に強い決意があるようですが…

王翦軍奮闘

王賁は中央軍が崩れつつある報告を受け、やはり李牧の思惑通りになってしまっていると改めて悟っているようです。

番陽が王賁に王翦軍への加勢を提案しますが、王賁は今自分達が動けば飛信隊が全滅する事になるから動けないし、動かないと答えるようですが、元々は倍以上の敵と戦っていたわけですから、それは当然の状況…

しかし、その中でも王賁は亜花錦とその手勢を加勢に向かわせるようですが…

王賁も信達と同じく王翦軍が李牧の想定以上の奮闘をしてくれ、戦況が変わる事を祈るというような状態みたいですね…

一方、司馬尚は関常率いる二万の玉鳳隊の横撃にもびくともせず、関常は青歌軍を強さと速さと強靭なメンタルを持つ強軍だと認め攻めあぐねているようです。

また、王翦は豹苦の陣という陣形を組ませ、迫り来る司馬尚軍に対抗するようですが、それは司馬尚の近衛隊を潰すという陣形であるようで王翦軍は司馬尚の周りの精鋭を一人また一人と仕留め始めるようですが、それで司馬尚にまた火がついて脚色は鈍らないようです。

司馬尚軍はやはり青歌という地に対する想いが強いらしく、戦死した兵は先に青歌に帰ると司馬尚に言い残して死んでいくようで、なんだか太平洋戦争の日本軍兵士に似ているように感じられますが、おそらく想いは同じであり、それだけの強い覚悟…絶対に敵に愛する故郷を蹂躙させないという覚悟が青歌軍の強さの秘密ではないかと感じられます。

李牧も青歌に対して大恩を感じているようですから、その想いは同じであり、もしかしたら秦軍は今回の戦では趙国というよりも青歌という土地を相手に戦っているようなものなのかも知れないですね…

戦況は完全に司馬尚軍が押し込んでいるのは変わらないわけですが、気持ちでは王翦軍も負けていないようで、逆襲の目はまだあるような雰囲気ですが…

亜光と糸凌

楽彰軍と激闘中の亜光ですが、亜光はこれまで相当なダメージを受け疲労も激しいはずですが不死身かと思うような感じで、まだまだ奮闘中みたいです!

しかし、楽彰に背後を取られて背中をかなり大きく斬られてしまい、更に大ダメージを受けてしまうようです!

続きを読む:  キングダム764 Raw – 読んで議論する

普通ならそれで倒れてしまうようなダメージだと思いますが、亜光は踏ん張り、何とそこから楽彰に反撃し、楽彰の左目を斬り付け潰してしまうようです!

おそらく、本来は頭が真っ二つになるような一撃を楽彰はかわしたのだと思いますが、さすがは王翦軍第一将に相応しい武と精神力!

最初の犠牲者になりそうだった亜光の奮闘ぶりには感動させられますね!

また、倉央はやはり王翦のもとに加勢に走ろうとしているわけですが、当然簡単に行かせてくれるわけはなく、カン・サロとジ・アガが妨害にくるようですが、その二将の前に糸凌が立ちはだかり、ここは自分に任せて王翦のもとへ走れと言うようです!

糸凌の強さは誰もが認めるレベルですが、カン・サロとジ・アガの強さも既に明らかになっています。

いかに糸凌でも二将を同時に相手にして勝てる見込みは無いと思えますし、倉央も糸凌を置いて行く事はできないというように糸凌の名を叫んでいるようです。

どちらか一人でも討ち取る事ができたなら、それだけで大金星だと思いますが、糸凌が生き延びる為には二将を討ち取る必要がありそうな展開!

糸凌の強さもまだ未知数な部分があると思いますし、単純に死ぬつもりでの行動であるとも言えないと思います。

ひょっとしたら、糸凌は大仕事をしてくれるかも知れないですね!

討ち取れずとも、今回の戦で戦闘不能になるくらいのダメージを与えるのも今の状況からすれば、討ち取るのと同じくらいの手柄になるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です